ウインドウズ【ペイント】の色1と色2って何が違うの?どっちを使ってもいいの?

2018年1月2日

色の選択をするとき、「色1」と「色2」ってどっちを使ってもいいの?
小さな会社の事務員 水口愛子(みなくちあいこ) です(^^)/

 

ペイントの色1と色2って?

ペイントの色パレットを選択するところに「色1」と「色2」がありますが、これってどっちを使ってもいいの?と思ったことありませんか?

 

「色1」は、線の色、図形の輪郭、ツールを使ったときの塗りつぶしの色を選択するときに使います。

つまり、基本は「色1」だけで、色に関することはすべてできます!

 

では「色2」はどういう使い方をするのかってことなんですが、「色1」と「色2」に選択した色を同時に使ったり、左クリックか右クリックかで使い分けたり、消しゴムや選択削除したとき用に色の指定ができるものです。

説明しますね(^^)

 

色1と色2の使い分け1

例えば、色1で赤、色2で青を選択しておくと、左クリックで赤、右クリックで青が使えます。

 

ペイント色1と色2の使い分け2

消しゴムは形が四角なので、鉛筆やブラシとは違った線が描けますね。
消しゴムとしてではなく、もうひとつのペンツールとして使うと幅が広がりそうです!

【エクセル&ペイント】簡単バナーの作り方

ペイントとエクセルの基本操作についてはこちらで確認できます
参考記事はこちら「ペイント」の使い方<基本操作一覧>
参考記事はこちら「エクセル」の使い方<バナー作成編>

2018年1月2日

Posted by 水口愛子(みなくちあいこ)