ウインドウズ【ペイント】の消しゴムの大きさを変える方法とかなり細かいところを消す方法

2018年1月2日

キャンパス上線や文字などを消しゴムツールを使ってみましょう
小さな会社の事務員 水口愛子(みなくちあいこ) です(^^)/

 

 消しゴムツールを選択します。「線の幅」で消しゴムの大きさを変えることができます。細かく消したいときは細い線、広範囲を消したいときは太い線を選択します。

ペイントの使い方消しゴム1

 

線の幅の選択で、消しゴムの大きさを変えることができますが、かなり小さい部分をピンポイントで消すには難しいこともあります。
形が四角ということもあって、消したくないところも消してしまうことも…。

そんなとき私は、ペンで白または背景色を選択して、ドットひとつひとつを塗りつぶすように消すことがあります。
最小サイズで色を変更させることで、消すのと同じ効果を狙うわけです。

細かい箇所を消したいときには試してみてください。

 

ペイントで描いたものだけでなく、画像でも同じように消しゴムで消すことができます。

 

【エクセル&ペイント】簡単バナーの作り方

ペイントとエクセルの基本操作についてはこちらで確認できます
参考記事はこちら「ペイント」の使い方<基本操作一覧>
参考記事はこちら「エクセル」の使い方<バナー作成編>

2018年1月2日

Posted by 水口愛子