【エクセル×デザイン】文字のまわりに縁取りがある袋文字をワードアートでつくる方法

文字のまわりが縁取りされてるやつを袋文字っていいます。

文字装飾のひとつですが、アレおしゃれですよね^^

今回はエクセルで袋文字を作る方法について説明します。

 

小さい会社の事務員 みなくちあいこ です。
事務作業に欠かせないエクセルは、デザインにも強いツールです!
当ブログのバナーは、全てエクセルとペイントで私が自分で作成しています。文書作成やチラシ、ダイレクトメールにも役立つのでぜひ。

 

今回のテーマは「袋文字」。文字のまわりに縁取りがあるこういうやつ、ね。

袋文字 エクセル

どちらもエクセルのワードアートで作成しました。

上のは通常のふちどりで、「図形の書式設定」「文字の輪郭」で設定できます。(上の図だと輪郭「白」線の太さ「3」になっています)

 

 

簡単で便利なのですが、線を太くすると文字がどんどん細くなって、潰れていってしまいます。

 

そうじゃない!イメージと違う…。
もっと文字がくっきりした、チラシとかに使ってるポップなふちどり文字にしたいの!

って場合もエクセルでできます( ・`ω・´)キリッ

ではさっそくやり方を説明しますね。

 

 

エクセルで袋文字をつくる方法

ワードアートで文字を作成して、色や線を編集します。

 手順1 「挿入」「ワードアート」

まわりを何色で縁取りするかによりますが、最低2つ、同じものが必要です。
今回は3色でつくってみたので、ワードアートをコピーして3つにします。

 

 手順2 「書式」「文字の輪郭」「線の太さ」で設定します。

ワードアートを選択すると、一番上のバーに図形ツールの「書式」がでてきます。
ここからダイレクトに設定できる太さは「6」まで。それ以上になると、一番下の「その他の線種」を選択します。

 

ワードアートを選択して右クリックしてから、「図形の書式設定」を開くと詳細な設定ができます。
「線」「幅」「数字を入力」で、好きな太さにすることができます。

 

 

 手順3  ワードアートを重ねていきます。

ワードアートの順序
上にしたいワードアートを選択して右クリック。
「最前面へ移動」を選択すると、一番上になります^^

 

 

できたっ!

 動画で確認 

このままだと動かすとき不便なので、ひとつの塊にします!

 

作成したワードアートをグループ化します。

今回は3つのワードアートを使ってます。これをひとつのグループにしましょう!

通常、画像のグループ化は、合体させたい画像を選択して右クリック 「グループ化」でできるのですが、同じサイズのものをグループ化するとき、下層にある画像を選択するのに困ってしまいますよね?

大丈夫です!

 

 手順 「ページレイアウト」「オブジェクトの選択と表示」「画像の選択」「グループ化」

画像を複数選択したいときは  コントロールを押しながら選択します。

くっつけたいものを全部選択したら、「グループ化」で合体!

 動画で確認 

 

これをペイントに貼り付けて保存すれば、画像ファイルとして使いまわせます^^

 

 

 

あとがき

重ねていくので、何重にも縁取りが可能です(๑ↀᆺↀ๑)✧

色の組み合わせも自由にできるので、何種類もの袋文字をつくることができます。

案内状や、チラシにも使える技ですね。

 

宣伝文を一文字ずつ印刷した紙を窓に貼り付けて、道路を通る人に向かってアピールしたいときにも、袋文字を使えばさらに目に留まると思います!

 

フォトショップなどの特別なソフトがなくても、エクセルで袋文字は作れるんです。最高ですよねw

 

こちらもぜひご覧ください。

お役に立ちますように。

今日もお疲れ様です(。-人-。)

 

ペイントとエクセルでつくる簡単バナーの一覧はこちらから

 

袋文字, 縁どり文字

Posted by みなくちあいこ