【ペイントの使い方】マウスで自由に書いてみる

2018年11月13日

Windowsに標準装備の「ペイント」の使い方を紹介するシリーズです。

 

マウスで自由に書くことができます。

ポイントは、マウスの左のボタンを押したままマウスを動かす(ドラッグ)ことで、線が書けるということ。書くのを止めるときは左のボタンを離します(ドロップ)。

 

 

1線の種類と太さ、色を選択します

キャンパスに自由に線を描く1

鉛筆とブラシが9種類あります。線の幅(太さ)は4種類です。

 

2.自由に描いてみる

キャンパスに自由に線を描く1

クリックした状態で、マウスを動かすと描けます。

 

動画で確認

 

マウスではどうしても線が震えてしまうのでキレイに描くのは難しいかもしれません。
ゆっくりと描いてみてください。

ペンタブがあればマウスよりは書きやすいと思います。

 

ペイントとエクセルでつくる簡単バナーの一覧はこちらから

 

 

2018年11月13日

Posted by 水口愛子(みなくちあいこ)