jimdoの利用登録をする前にチェックしてほしい!「Jimdoテンプレートの無料配布サイト」

2017年12月31日

 

jimdoに登録するときにテンプレートデザイン(レイアウト)を選びますが、後で変更することも可能です。

 

 

 

でもちょっと待ってください!

実はjimdoのテンプレートを無料配布しているサイトがいくつかあるんです。

 

jimdoのデザインには世界の都市名が名前についてて、オシャレで洗練されてるのですが、見本?が日本語ではないせいか、ちょっと「イメージしにくい」って思うかもしれません。

私は最初、まったくイメージができなくて、どのデザインテンプレートを使えばいいのやらって感じでした(^^;)

もし、私と同じような感覚を持ってしまった人がいたら、プロが作った日本人向けのデザインをチェックしてみるのもおススメです!

「こういう感じのサイトにしたい」とイメージがしやすいと思います。

 

でも、どうしてjimdoの登録前に見てもらいたいのか。

それは、既にJimdoで提供されているオリジナルのテンプレートを利用してると、その管理画面からは変更できないからなんです。

全く別の入り口なんですよ。

私これに気付くのに時間かかっちゃいまして、「どうやってこのデザインテンプレート使うの!?」と右往左往しました(^^;)

 

無料配布のデザインテンプレートが気に入ったら、配布先からjimdoの登録をしなくては利用できないと気付くのに、無駄な時間を使ってしまいました。

 

【テンプレートのご利用方法と注意点】
•既にご利用中のJimdoページではテンプレートはご利用いただけません。
•テンプレートによっては独自レイアウトを使用しています。ヘッダー画像の変更など通常のレイアウトは異なる部分がありますのでご注意ください。
•テンプレートによってはテンプレート提供元でご用意している規約やお約束事もございますので必ずご確認ください。
•テンプレートのご利用はテンプレートページを作成いただいたPagePartnerの皆さまに敬意を持ってご利用ください!

Jimdoサイトより

 

私のように無駄な時間を使わないよう、最初にチェックしてみることをおすすめします。

配布先のテンプレートのページに登録ボックスというのがあります。
気に入ったテンプレートがみつかったときは、配布先からjimdoの登録を行うようにしてください。

 

Jimdo無料デザインテンプレート配布サイト8選

無料でデザインテンプレートを配布しているサイトをご紹介します(^^)/
どれも出来上がりのイメージがしやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


どうでしたか?「これだ!」と思うデザインはありましたか?

 

無料配布のデザインテンプレートを使うと、配布先のクレジット表記がページの下につくものがあります。

料金を支払うとクレジットを外すこともできるし、気にならなければそのままでもいいと思います。
予算に余裕があるなら、カスタマイズをお手伝いしてくれるプランがあったりもします。
配布先のページで確認してくださいね。

 

テンプレートを選んだものの、やっぱり違うのにしたい。

そんなときは管理画面から「ホームページを削除する」を選択すると、また最初からやり直せます。

(私はかなりいろいろ試しました!)

 

画像にこだわりたいのか。
カラム構成にこだわりたいのか。
個性的にしたいのか、シンプルにしたいのか。

などなど。

会社の魅力をしっかりアピールできるよう、イメージに合ったデザインを選んでくださいね!

 

 

ちなみに私が何を選んだかというと、いろいろ試した結果、Jimdoで提供されている「St.Petersburg」というデザインになりました。

 

最初はイメージしにくかったのですが、いろいろ試してるうちに慣れたようです(笑)

 

こだわりは、「施行例」のカテゴリーのみをサイドに並べたかったっていうのがあって、それを実現してくれたのが「St.Petersburg」だったんです。

 

気にいってます(*^^*)

 

 

 

2017年12月31日

Posted by みずやたいこ