【バナー作成のためのエクセル基本操作】エクセルで画像の色調整ができること知ってますか?

2018年1月4日

画像の色調整について説明します!
小さな会社の事務員 たいこ です(^^)/
エクセルには画像の色に関するツールがあります。
画像の色合いを一発で変換できるんですが、彩度・明度の調整、カラーから白黒写真に変換したり、セピア加工ができたりもします。
エクセルで画像の色を調整
これだけのバリエーションがあります。
1枚の画像から、これだけの色調整がができるなんてイメージが広がりますね!

図の色を変更してみよう

色の調整1
  1. 画像を選択すると「書式」タブが表示されます。
  2. 「色」を選択すると、彩度・トーン・色の変更パターンが出るので選びます。

 

図の色の修正をしてみよう

色の調整5

  1. 画像を選択すると「書式」タブが表示されます。
  2. 「修正」を選択して、明るさ・コントラスト・鮮明度の調整パターンがでるので選択します。

 

画像にアート効果を追加してみよう

色の調整2

  1. 画像を選択すると「書式」タブが表示されます。
  2. 「アート効果」を選択して、画像をスケッチや絵画風のタッチに変更します。

 

画像の余分な背景を削除してみよう

色の調整3

    1.  「画像を選択すると「書式」タブが表示されます。
    2.  「背景の削除」を選択して、選択領域をドラッグして調整します。

色の調整4

処理した画像がこちら。

*天使のわっかとハートも削除されてしまいましたが、残したい場合は、「保持する」または反対に「削除する」設定をし直すことができます。

 

★「保持する」箇所を選択してみる

背景の削除2

この画像でやってみます。

 

背景の削除7

どこも選択せずに背景の削除をしてみます。

 

背景の削除4

処理された状態がこちらになります。

 

背景の削除6

  1. 「保持する領域としてマーク」を選択すると、ペンのようなアイコンが表示されます。それで残したい部分をクリックします。
  2. 選択できたら「変更を保持」をクリックすると処理されます。

 

背景の削除5

完成です☆

 

 

【エクセル&ペイント】簡単バナーの作り方ペイントとエクセルの基本操作についてはこちらで確認できます
参考記事はこちら「ペイント」の使い方<基本操作一覧>
参考記事はこちら「エクセル」の使い方<バナー作成編>

2018年1月4日

Posted by みずやたいこ